このページを編集してみよう

社会不安度と死者数の増加によって、一定の確率で『社会不安イベント』が発生します。
社会不安イベントでは、政策に関して4択を行います。その選択で、その後に発生する結果が変化します。
結果にはプレイに有利なものだけでなく、デメリットが発生するものもあります。
特に社会不安度がとても高い状態で発生するものは、選択次第でゲームオーバーとなるものもあります。
注意してください。


英霊追悼式

我が国にたいし、究極の犠牲を捧げた戦士たちの追悼式典が$計画されています。
戦争が激化する中で、英雄的に戦った英霊達への感謝を、$我々はどのように語り継ぐべきでしょうか?

全土で黙祷を捧げよう

記念碑を建立しよう。

府主催の追悼式典を開こう

予算に糸目をつけず、全部やろう


遺骨帰還式

犠牲なき勝利はありえません。$悲しいことですが、我が軍もまた相応に犠牲を出しています。$今日も、また犠牲となった兵達の遺骨が祖国に帰ってきました。
我々は、どのように彼らを迎えるべきでしょうか?

遺族に対する保障を手厚くしよう

粛々と犠牲に耐えよう

祖国の大地に、敵の血をぶちまけよう

犠牲を阻止すべく、戦場医療に力を入れよう


徴兵反対運動の発生

大規模な戦争には人員が必要であり、$軍隊の拡張が急がれなければなりません。)
しかるに、我が国では若干の障害が発生しています。$良心的兵役拒否なる言葉で、$兵隊になりたくないと口にする人間が現われたのです!
我々は、どのように対応すべきでしょうか?

良心的兵役拒否を認めよう

良心的兵役拒否など認めない。軍に入れ

良心的兵役拒否を唱えた間抜けを拘束しろ

国民を裏切る連中を、投獄しろ


傷痍軍人連盟の成立

忠勇なる将兵諸君の犠牲は、$いまや、一大社会問題となりつつあります。
とりわけ、負傷して退役した将兵たちの処遇は全軍の関心事で、$ついに軍内外の有志達は互助組織を結成するようです。
彼らに対し、我々はどのように振舞うべきでしょうか?

厄介な運動とは距離を置こう

犠牲になった戦友らの思いを共に分かち合おう

幾ばくか資金援助しよう

大々的に資金援助しよう


生産力増強のボトルネック

悪い知らせです。$試算によれば、戦争遂行に必要な生産水準の労働力確保のため、$徴兵対象の人員が急激に不足する危険性が指摘されました。
一方で、現状における生産水準の維持は可能との事。$現状維持と生産力拡大のどちらを優先するべきでしょうか?

優先順位は付け難い。どちらにも、資金を投じよう

戦時経済建設へ追加資金を集中して投じよう

戦時経済が、優先されるべきだ

軍備拡大が、優先されるべきだ


外国人部隊の設立

同じ旗の下で戦うならば、それは戦友です。$我が国に忠誠を捧げる兵士として、ともに戦列にて戦うという$高貴な申し出が外国出身の少数派から寄せられています。
兵力不足を補う方策足りえますが……$しかし、かなりの報酬が必要でしょう。
我々は、オファーを受け入れるべきでしょうか?

完全な市民として受け入れよう

高額の報酬で兵士として受け入れよう

賃金を払って工場で我々を助けてもらおう

我々は自力で問題を解決できる


外徴兵対象枠の緊急拡大

戦争の激化は悪夢のようなペースで損耗を拡大しており、$我々にはこれまで以上に多数の兵士達が必要です。
このような状況下にあって、$「不適格と見なされていた人々を動員するべきか」$という議論が沸きあがっています。
我々は、どうすべきでしょうか?

議論の余地はない。戦場に、兵士を

選抜されなかった理由があるはずだ

部分的動員を許可しよう

この際、資金を投じて徴兵機構も改革する


脆弱化する社会

長期の戦争状態は、社会全体に莫大な負荷を及ぼしつつあります。$既に、幾つかの社会不安が顕現しており、$潜在的にはより深刻なケースがありうるとの警告もあります。)
解決策はたった一つ。$軍需関連予算の民需転用ですが、$しかし、我々の予算は無限ではありません。
我々は、どちらの道を進むべきでしょうか?)

軍需を優先すべし

民需を優先すべし

均等に割り振るべし

大規模予算ですべて解決すべし


未熟練兵投入議論

深刻な将兵の損耗により、$軍全体の充足率低下はもはや慢性的です。$このような状況を踏まえ、軍より提案がありました。
一つは、未熟練兵の訓練設備強化による訓練期間の短縮。$もう一つは、訓練期間の繰上げによる大規模動員の提案です。我々が、若者の未来を決断しなければなりません。$いかがされますか?

現状を維持しよう

必要なら繰上げ卒業も止むなしだ

資金を追加し、訓練の効率化を図れ

この際、外国の傭兵で補充しよう


傷痍軍人連盟の請願

戦争は、人間を破壊します。$それは、物理的であり……時に精神的でもあるようです。
名誉除隊した退役軍人らの少なくない人数が心に傷を追っている$という報告がありました。$戦傷痍軍人連盟を通じ、救済を求める請願が提出されています。
国の為に犠牲を払った将兵に対し、$我々はなんと答えるべきでしょうか?

彼らの犠牲の為に祈ろう

故郷に彼らを託そう

国立の療養施設を拡充しよう

兵士の為とあらば、すべてを行おう


傷痍軍人連盟と傷痍手当て問題

長引く戦争により、$傷痍軍人へ支払いは驚くべきペースで増大しています。$財政担当者によれば、財政状況の悪化は時間の問題です。
しかし連盟によれば、退役した兵士達が働ける場は限られており、$大規模な恩給、もしくは労働機会の提供がなければ、$兵士達は路頭に迷うことになりかねないとか。
有限の資金を、我々はどのように使うべきでしょうか?

雇用を政府が呼びかけよう

国立作業場を設立して、彼らを雇用しよう

大規模な恩給を支出しよう

私は常に兵士とともに。全て、実行せよ


緊急報告:脱走兵の増加

軍から、将兵のモラルに関して嘆かわしい知らせが入りました。$長引く戦争と、補充兵だらけとなった我が軍では、$慢性的に兵士達が脱走を繰り返しているそうです。
直ちに対策を取らねば、軍の戦闘力は蝕まれ続けるでしょう。$緊急の対応策は、どうすべきでしょうか?

脱走兵を吊るせ

資金を投じ、待遇を改善しよう

プロパガンダで兵士達に仲間意識を持たせよう

この際、督戦部隊を設立しよう


農業労働力不足問題

働き盛りの労働力が軍に集中した結果として、$農村部では労働力不足が深刻化しつつあるようです。
このままでは、食糧供給に支障が出かねないという報告書が提出$されました。
検討されている対応策は、大規模な投資による農業の効率化、$兵士の部分的退役による労働力不足緩和、$労働スローガンの連呼です。
この三つの提案、我々はどのように活用すべきでしょうか?

大規模な投資による効率化を図ろう

兵士の退役で、労働力を供給しよう

労働スローガンで、労働者を鼓舞しよう

これも戦争だ。全てやろう


自発的勤労奉仕運動

朗報が入りました。軍の犠牲と献身に対し、$一部の労働者が自分たちも同胞の一員として奉仕したいという$提案がなされています。
このような愛国的な申し出を、$我々はどのように応援すべきでしょうか?

労働現場での奮闘に期待する

資金を投じて、大々的に宣伝する

前線へ応援の手紙を書いてもらいたい

いっそ、軍に志願してくれたまえ


"自発的"かつ"愛国的"勤労奉仕運動の拡大』

限られた労働力に対する監督の強化こそが、$戦局打開に対する鍵ではないかという提案が提出されています。
先だって見られた愛国的な労働者による奉仕労働の必要性を$政府が『啓発』しさえすれば、労働者は集まるでしょう。
労働者に対して、呼びかけを行うべきではありませんか?

プロパガンダを強化しよう

治安組織による『啓発』を行おう

民衆と軍隊のふれあい活動を行おう

指導者の演説があれば、一発だ!


愛国歌制定運動

軍と将兵の払う犠牲に対し、$敬意を示そうという運動が一部の文化人の間で沸き起こっています。
彼らから将兵の犠牲、勇気、献身を讃える歌が提案されましたが、$我々はどれを愛国歌として採用すべきでしょうか?

犠牲を忘れるな

勇気を讃えるべきだ

献身こそが、語られるべきだ

いや、指導者こそを讃えるべきだろう


  • 最終更新:2016-06-13 01:31:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード