アウニ・コンラート


人材情報

列伝

士官候補生

マルグレーテ朝の若き軍人。男女に差別なく門戸の開かれている軍に郷土で貧困にあえぐ家族のために志願した大多数の一人である。
おだやかな容貌とやさしげな雰囲気とは裏腹に、故郷をせおう重責を果たすべく軍務に邁進する姿勢は高く評価される。
上官にめぐまれた彼女は、士官学校への道を提示され職業軍人としての奉職を決意。貴族の子弟に混じり、なれない環境でもめげることなく奮励。怜悧な容貌と、穏やかな物腰の裏に強烈な意志を潜めた氷の微笑は、士官学校で敵意と賞賛をあび、優秀な成績で卒業した。
彼女を知る人間は、一様に、身内としてはこのうえなく慈悲深く、敵対者としては果てしなく冷酷であると口をそろえる。

台詞

雇用時 

「国家理性というのは、残酷なものですね。」

退却時

「生き延びられたこと、
 せめて、それを善しとしなければ。」

敗北時

「いつもそうだ。
 ……私たちが、
 誰かのツケを命で払う。」

必殺スキル発動時

必殺技未所持

ボイス

太字はマスターか否かで変わるボイス

戦闘開始前

前進時

互角時

優勢時

劣勢時

基本情報

身分 官僚 性別 女性
クラス 国王銃士隊 exp_mul exp_mul
HP 1700 MP 0
攻撃 100 防御 80
魔力 40 魔抵抗 55
素早さ 115 技術 90
HP回復 6 MP回復 0
移動力 160 移動タイプ 雪原
召喚数 1 召喚レベル 50%
※部隊スキルによりLv1~14までHP・防御 +25%上昇
 Lv15~29までHP・攻撃・防御・素早さ +25%上昇
 Lv30以降、攻撃 +50% 素早さ +30% HP・防御 +25%上昇
・成長
HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 技術 HP回復 MP回復 exp_mul
7(+1) 5 11(+1) 6(+1) 2 5 10(+1) 5 5 124→129(Lv30~)
※所属しているクラスより高いものを青色、低いものを赤色で表記。
 ()内は所属クラスからの増減値

耐性

-4:凄く弱い、-3:弱い、-2:少し弱い、-1:微弱、0:普通、+1:微強、-2:少し強い、+3:強い、+4:凄く強い。
属性 歩兵近接 射撃 騎馬突撃 対騎 砲撃 攻城
耐性 0 0 +3 0 0 -2 -2 -2 -2 -2 -2 0
属性 麻痺 幻覚 沈黙 混乱 恐慌 石化 ドレイン 即死 HP吸収 MP吸収 傭兵買収
耐性 +2 +2 +2 0 +2 0 0 0 0 0 0 無敵
※部隊スキルによりLv1~14まで混乱・恐慌 -2
 Lv15~29まで歩兵近接 +1
 Lv30~以降、恐慌 無敵化 歩兵近接 +2

スキル

個人スキル

スキル名 使用可能LV 攻撃倍率 発動距離 射程 消費MP 属性 備考
MDS-b43改良型
(狙撃仕様)
30~ (攻撃+技術)×250% 750 750   射撃 再使用時間:4
 「使用時減速30%」「照準誤差:1%」
「即死:80%」
鼓舞 1~ 技術×150%   500   補助:状態異常回復 「使用時減速20%」
号音ラッパ(突撃) 1~ 技術×100%   300   補助:攻撃上昇 使用時減速20%
「同系統補助スキル連続使用不可」
号音ラッパ(堅守) 1~ 補助:防御上昇
号音ラッパ(照準) 1~ 補助:技術上昇
号音ラッパ(進軍) 1~ 補助:移動力上昇
※その他、国王銃士隊のスキルを取得。

リーダースキル

リーダースキル未所持

部隊スキル

凡庸な指揮官(レベル1~14)
能力 HP・防御 +25%上昇
耐性 混乱・恐慌 -2
士官学校を出たばかりの貧しい少女が、
果たして、戦場でどれ程役に立つのか?

答えは簡単です。役に立ちません。

生存本能(レベル15~24)
能力 HP・攻撃・防御・素早さ +25%上昇
耐性 歩兵近接 +1
戦場に立ち、部下を失い、
危機に直面した彼女は『生き延びる』ことを学びました。

飢えも銃弾も、命に対する脅威という点では同じなのですから。

黒い怒り(レベル30~)
能力 攻撃 +50% 素早さ +30% HP・防御 +25%上昇
耐性 恐慌 無敵化 歩兵近接 +2
戦いにあって、貧しいものが、裕福なものたちの為に死んでいきます。
……このような理不尽こそが、戦場の現実なのです。
それを、首肯しえるかと聞かれたとき、
彼女は微笑むばかりですが。

副官スキル

凡庸な指揮官(レベル1~14)
能力 防御 +15%上昇

生存本能(レベル15~24)
能力 攻撃・防御・素早さ +15%上昇

黒い怒り(レベル30~)
能力 攻撃・素早さ +25% 防御 +15%上昇

キャラ特徴

キャラクターについて?

全般

だが、彼女の本領はLv30からで、部隊スキルは攻撃力+50%と大きく成長し、
都市同盟海兵隊も顔負けの射程・全銃でダントツ1位の超精度・かなりの確率で起こる即死という世界一の性能の銃を配下に付与するようになる。

配下は無難に前衛で扱うなら素早さ・技術に優れ、足並みもそろうため非常に扱いやすいブルーコート連隊がおすすめだが、
即死に特化させたい場合は雇える兵科の中で僅差で技術1位の王国外交官を率いてもいい。

操作方法

Lv30までは配下に準じ、Lv30以上なら銃兵として扱う。とはいえ、Lv30未満でも大抵の場合は銃兵として扱うことになるだろう。

敵対時対処法

付与スキルはなく部隊スキルも大したことがない国王銃士隊が、
果たして、戦場でどれほどの影響力を発揮できるのか?

答えは簡単です。何の脅威にもなりません。

だが、彼女自身がLv30を超えると話は変わり、長射程・超精度の銃で殺しにかかってくる。
普通に砲兵で吹き飛ばすのが無難だが、騎兵で対処する場合は真正面からの突入はその精度から被害前提になるため、回り込むように距離を詰めて飛び道具で仕留めたい。

シナリオ雇用

ランシナのみの場合は()でランシナのみ?又はランシナ別で違う項目作る?

勢力のマスターとして

勢力名 マルグレーテ朝郷土防衛隊
雇用身分  
雇用兵科  

元ネタ



コメント欄

  • 北の国から来たゴルゴ13。超高精度なマスケットでキレイな顔をフっ飛ばしているが、ゴルゴと違い腕力的な意味で殺してる。だから当然、接近戦も強い。顔とゴリラ成分が反比例してる存在である。 --- (2018/02/15 19:58:43)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2019-06-02 22:21:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード