オスト=スラヴィア大公国

概要

大まかな説明

勢力説明文 

『ツァーリ』により統治される広大な大草原の掟は、たった一つです。『強くあれ』。
強きものが定めし法こそが、大草原を統べることでしょう。
狡猾さ、腕力の強さ、仲間の力、単純に資金力など強さの種類は問われません。
しかし、誰であれ大草原の掟を忘れたものの末路は哀れを極めます。
強者の定めたルールに違反すれば、『ツァーリ』その人であってさえ、例外ではありません。
先に弑逆された『ツァーリ』の遺児であるウルリヒは、『ツァーリ』としての決断を迫られています。

彼が傀儡たる『大公』であることに甘んじるか?
貴族に君臨する『皇帝』たることをめざすのか?
はたまた、人民の守護者たる『良き王』たるか?

穏やかならぬ隣人と諸公の関係の中で、彼の真価が見極められるでしょう。

初期情勢

マスター ウルリヒ・スラヴィア
難易度 ■■■■■
領土数 10
総収入 27900
軍資金 60000
ユニット数 335

他に(汎用人材を記載)

リーダーに出来る一般クラス
兵科分類 クラス
突撃兵 農奴兵

国策

Lv 権威 統治 解放
1 『貴族への譲歩』
封建領主ユニットの増加数+1
封建領主人材に
HP・MP・素早さ・移動力+25%のLSを付与
『軍への生命の水支給』
汎用常備軍人材が4部隊追加
常備軍ユニットの雇用費-20%、維持費-30%
『自己責任の原則』
農奴兵クラスのHP+200%
農奴兵クラスに投石スキルを付与
2 『貴族自治の承認』
封建領主ユニットの増加数+1
封建領主ユニットの攻撃・魔力+25%
全魔法属性耐性+2
『有力諸侯の粛清』
常備軍ユニットに攻撃・魔力・技術・移動力+25%
『集団農場』
徴募兵ユニットの雇用費-50%、維持費-50%
採択後の次ターン開始時に全支配領地の経済値+300
以後、ターン開始時に全支配領地の経済値+40
3 『貴族の国』
採択後の次ターン開始時に全ての封建領主ユニットのLV+7
『皇帝大権』
ウルリヒとアナスタシアに
HP・防御・魔抵抗・素早さ+30%のLSを付与
禁呪の使用コスト-25%
『地方都市独立の容認』
徴募兵ユニットの攻撃・防御・魔抵抗・素早さ・移動力+30%
採択後の次ターン開始時に全支配領地の経済値+500

考察

序盤はマルグレーテ朝の人材が優秀なので包囲殲滅を行いながらタンスクとノイエ・コフ港のラインで防衛する。
一般雇用できる農奴兵は弾幕戦では強くないが、仲間を召喚することができ騎兵の突撃前の盾にすることができる。

敵対時対処法

皇帝砲が非常に強く、まともに食らうと部隊が半壊し騎兵に蹂躙されてしまう。
攻め込む旨みがないのでマスターを包囲殲滅して無力化しよう。

コメント欄

  • Ураааааааа!! --- オスト=スラヴィア産名物 (2017/06/22 12:44:28)
  • 全陣営中一番好きかも --- (2017/11/16 00:08:39)
  • 個人的に一番楽しい --- (2017/11/16 23:27:02)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-06-24 12:39:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード