オルハン神権帝国

概要

癖の多い兵科が多い。全体的に射程が無く砲兵や魔法などの超遠距離攻撃が出来ない。
常備軍の海賊は近距離戦闘しが出来ず騎兵は弾幕を張るのに適していない。

まともな遠距離攻撃が出来るイエニチェリと従属国徴募兵を使って敵の足を止めつつ騎兵で横から奇襲するという戦術を得意とする

勢力説明文 

遥か古来より権勢を誇る強大な帝国は、一日にして成立したものではありません。
緩やかな砂漠の緑化と、老練な外交政策による穏やかな領土拡大。
徹底された官僚機構の整備と、強大な軍事力による防衛体制の確立。
そして、仕上げとしての道路の敷設。全ての道は帝都オルハニアまで続いています。

何れの点においても、彼らはしごく堅実に物事を運び続けてきました。
大陸南方の雄、オルハン神権帝国は盤石な基盤の上に立っていたのです。

しかし、その帝国は今や緩慢ながらも恐るべき危機に直面しています。
きっかけはマナバランスの異変と、それに伴く国土の砂漠化。

かつて砂漠を緑で征服しつくしたはずの帝国は、緩やかな死を迎えつつあります。
しかし、それは運命なのでしょうか?
『滅びは逃れえぬものだとしても、滅びを甘受しなければならないのでしょうか』?

初期情勢

マスター トリル・オルハン
難易度 ■□□□□
領土数 11
総収入 42000
軍資金 75000
ユニット数 515

初期人材 名前 クラス 階級 身分 備考
トリル・オルハン イェニチェリ マスター 国家指導者  
カーラ・ムルスタフ スィパーヒー 宿将 封建領主  
アルマ・ムルスタフ イェニチェリ 宿将 封建領主  
オマー・イェナヒム イェニチェリ 宿将 封建領主  
レディング・チャンダリール 聖職者 重臣 官僚  
バルド・ニングス 海賊 重臣 官僚  
他に(汎用人材を記載)

リーダーに出来る一般クラス
兵科分類 クラス
銃兵 従属国徴募兵

国策

Lv 権威 統治 解放
1 『儀礼の改革』
封建領主ユニットの増加数+1
採択後の次ターン開始時に全支配領地の城壁値+100
以後、ターン開始時に全支配領地の城壁値+10
※城壁値は元から要塞のあるマップにのみ影響
『霞が関の遺産』
採択後の次ターン開始時に全支配領地の経済値+300
以後、ターン開始時に全支配領地の経済値+40
『効率的徴兵制度』
汎用常備軍人材が5部隊追加
徴募兵ユニットの雇用費-25%
維持費-25%、社会コスト-25%
2 『皇帝大権』
トリルにHP+50%、攻撃・魔力・素早さ+30%のLSを付与
禁呪の使用コスト-40%
『内閣への権限譲渡』
汎用封建領主・常備軍人材に「帝国保守派」を付与
常備軍ユニットの攻撃・魔力・素早さ・移動力+25%
『軍の近代化』
徴募兵ユニットのHP・攻撃・素早さ+30%
全魔法属性耐性+2
3 『余は国家也』
封建領主ユニットの増加数+1
社会不安度-30%
『官僚独裁』
常備軍ユニットのHP・MP・HP回復・MP回復+30%
聖職者が破壊魔法を修得
採択後の次ターン開始時に全支配領地の経済値+700
社会不安度-30%
『委任統治制度』
採択後の次ターン開始時に全支配領地の経済値+500
「帝国保守派」LSのマイナス効果が無効化
社会不安度-50%

考察

戦略目標とか基本戦術とかイベントとか
ガチの攻略はフリーモード攻略ページがあるので必要なし

敵対時対処法

要塞が本土にいくつもあり砲台の射程以外で絶対に戦闘しなければならない。

コメント欄

  • 力の源は兵の質ではなく国家の質である。地理、制度に優位点を持つのが帝国の特徴。反面、攻撃的な布陣は苦手であり、南方植民地を抑えたら引き篭もるのが性に合うという。帝国の名とは一体・・・・・・。 --- (2017/06/22 12:05:18)
  • この勢力最大の敵は戦艦である。今日もバルド・ニングスさんが戦艦に自殺的な白兵戦仕掛ける仕事が始まるよ・・・・・・。 --- (2017/07/05 05:08:31)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-06-24 12:34:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード