ジーン・マー


人材情報

列伝

マー伯爵連隊シェフ

伝統的に軍を尊び、自身も連隊をもつ高貴な家柄に生まれた生来の軍人。
宮中序列に背を向けた仲間と同じように、自分の連隊に対する愛と武勇への渇望にかられた彼は、戦場に身を投じるべくして傭兵業へ。
そして、戦場で戦うなかで外交の重要さに気づき、戦陣で妻へのラブレターを書きつらねながら、いつしか後方支援の必要性に目覚めていた。
さらに行軍中のティータイムでともに戦う兵士たちの悩みを知り、貧困問題にも関心をいだく。その経験をもとに、彼は戦場こそが我が教師であると断言してはばからない。
そんな彼の悩みはたった一つ。戦場で同じことを学ぼうとする貴族や傭兵隊長が、非常にまれなことのみだ。

台詞

雇用時 

「戦場こそが、我々の学校だ。そうではないかね?」

退却時

「この戦場に名誉はない。
 順次、離脱するように。」

敗北時

「連隊旗を持ち帰ってくれたまえ。
 それで、十分だ。」

必殺スキル発動時

必殺技ボイス無し

ボイス

太字はマスターか否かで変わるボイス

戦闘開始前

前進時

互角時

優勢時

劣勢時

基本情報

スクリプト記載の数値
身分 独立傭兵 性別 男性
クラス ブルーコート連隊 exp_mul exp_mul
HP HP MP MP
攻撃 攻撃 防御 防御
魔力 魔力 魔抵抗 魔抵抗
素早さ 素早さ 技術 技術
HP回復 HP回復 MP回復 MP回復
移動力 移動力 移動タイプ 移動タイプ
召喚数 召喚数 召喚レベル 召喚レベル%
※部隊スキルにより技術 +40% 防御・魔抵抗・素早さ +25%上昇

耐性

-4:凄く弱い、-3:弱い、-2:少し弱い、-1:微弱、0:普通、+1:微強、-2:少し強い、+3:強い、+4:凄く強い。
属性 歩兵近接 射撃 騎馬突撃 対騎 砲撃 攻城
耐性 0 0 +3 0 0 -2 -2 -2 -2 -2 -2 0
属性 麻痺 幻覚 沈黙 混乱 恐慌 石化 ドレイン 即死 HP吸収 MP吸収 傭兵買収
耐性 +2 +2 +2 +3 +2 +2 0 0 +2 0 0 無敵
※部隊スキルにより射撃・砲撃 +1

スキル

個人スキル

スキル名 使用可能LV 攻撃倍率 発動距離 射程 消費MP 属性 備考
鼓舞 1~ 技術×150%   500   補助:状態異常回復 「使用時減速20%」
オールヒールⅠ 1~14 魔力×50% 発動 500 100 補助:HP回復  
オールヒールⅡ 15~29 魔力×70% 600
オールヒールⅢ 30~ 魔力×100% 700
ヒールⅠ 1~14 魔力×100%   500 60 補助:HP回復  
ヒールⅡ 15~29 魔力×150% 700 80
ヒールⅢ 30~ 魔力×200% 900 100
号音ラッパ(突撃) 1~ 技術×100%   300   補助:攻撃上昇 使用時減速20%
「同系統補助スキル連続使用不可」
号音ラッパ(堅守) 1~ 補助:防御上昇
号音ラッパ(照準) 1~ 補助:技術上昇
号音ラッパ(進軍) 1~ 補助:移動力上昇
※その他、ブルーコート連隊のスキルを取得。ただし、□□は取得しない。

模範的連隊
能力 ターン開始時にこのスキルを所持している人材がいる領地の
全ユニットの技術(基礎値)が+5される。
(この人材が勢力に所属していなければならない)
戦闘の最適解というのは、ただちに真似され、拡散します。
……時間の経過とともに、戦闘集団は近似していくものなのです。

リーダースキル

スキル名 使用可能LV 攻撃倍率 発動距離 射程 消費MP 属性 備考
擲弾投擲 1~ (攻撃+技術)×100%   100~450   必殺技(2回)
再使用時間:5
「範囲攻撃小」「吹き飛ばし小」

部隊スキル

訓練効率アップ
能力 訓練効果アップ 上昇値:4

ジョンブル伯爵
能力 技術 +40% 防御・魔抵抗・素早さ +25%上昇
耐性 射撃・砲撃 +1
紅茶を手にした紳士にとって、
戦争とスポーツ以上に本気を出すものがどうしてありえるでしょうか?

副官スキル

ジョンブル伯爵
能力 技術 +15% 防御・魔抵抗 +10%上昇

キャラ特徴

キャラクターについて?

全般

シナリオにおける所属状況、性能について?

操作方法

敵対時対処法

シナリオ雇用

ランシナのみの場合は()でランシナのみ?又はランシナ別で違う項目作る?
雇用身分  
雇用兵科  

勢力のマスターとして

勢力名 マー伯爵連隊
雇用身分  
雇用兵科  

元ネタ



コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-07-08 15:51:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード